サイトメニュー

薬を軸に考え方も治せる

ナース

発病しやすい人の共通点

脳の疲弊がうつ病を招くため、精神科で治療を受ける場合も、先ずはしっかり休養と睡眠を取ることが医師よりすすめられます。そして、治療の中心になるのが抗うつ剤を用いた薬物療法であり、第一選択薬は副作用が少ない新薬から選んでくれるのが一般的です。抗うつ剤は、脳内で減少したセロトニンなどの神経伝達物質を増やして、絶望感を取り除いたり、意欲を引き出してくれたりします。しかし、服用して直ぐに効果が出ないので、最初の数週間は効果が現れなくても飲み続けるのが基本です。薬との相性などにもよりますが、遅くても3週間ほどすれば効果が見え始め、数か月から半年ほどで、ある程度改善されてきます。症状が完全に治まった場合でも、そこで服用を中止すれば再発しやすいため、医師の指示通りに飲み続けて慢性化を避けるのがポイントです。このほか精神療法も効果的な治療方法となっており、面談を軸に、自分の考え方などを見直していきます。頑固な考え方を改め、ストレスを受けにくい柔らかな思考に切り替えられるなど、薬物療法とは違ったアプローチでうつ病を治すのです。疲れた時は休めばうつ病も防げますが、うつ病を発症しやすい人は真面目で責任感が強いため、休養を取らずに頑張り続ける傾向があります。脳が疲弊しているにも関わらず休まないので、脳はさらに疲労困ぱいに陥り、自律神経も巻き込んでバランスを崩し、やがてうつ病になるのです。ですから無理を承知で活動し続ける人や、主婦の場合でも、全ての家事を一手に引き受け、完璧にこなそうとする人ほど発病しやすくなります。また、同じ状況でも、考え方の違いによってうつ病になる人と、ならない人に分かれるケースも少なくありません。例えば誰かに怒られたとして、自分のためにあえて叱ってくれたのだと捉える人と、自分を嫌っているから叱ったのだと捉える人では発症率が違います。当然後者の方がうつ症状を引き起こしやすいため、マイナス思考の人は気を付けておいた方が良いでしょう。さらに、いつまでも拘り続けるなど、気持ちを切り替えられずに執着する人も、抑うつ状態になりやすい性格です。うつ病は早く治療するのが肝心ですから、それらの特徴をお持ちでストレスの蓄積も自覚している時は、発症前に精神科を受診しておきましょう。

Copyright© 2018 ストレスとうつ病の関係性【セロトニン不足から発症する】 All Rights Reserved.